平成30年度 第1回研修会

 

去る平成三十年九月三日筥崎宮参集殿にて、未来の住職塾塾長の松本紹圭氏を講師に迎え、研修会が開催されました。

 

神社を取り巻く環境の変化、その中で青年神職は地域を先導し能力やセンス、神道人としての信仰心等の資質が求められ、「神職が求められる資質とは」と題して神社、神職相互のアプローチや運営方法をワークショップ、パネルディスカッションを交えて学んでいきました。

神社のありたい姿、あるべき姿を自然との共存により神社を「みたて」、細分化し地域にどう表現していくか、常に危機感を持つことを心掛けたいと思いました。

後半は、「機会」「脅威」を考える時間が大変興味深く、神社を取り巻く環境を青年神職同士で考査し、新たな発見が各グループで見られ貴重な時間となりました。

 

こういった運営にかかわる項目を社頭に持ち帰り、組織的に実践して参りたいと強く思う研修会となりました。

 

和布刈神社

禰宜 高瀨 和信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>