令和元年度 福岡県神道青年会定例総会

令和元年五月十三日午後三時、福岡県神社庁にて川江会長以下四十名、また、来賓として福岡県神社庁庁長西高辻信良様、福岡県神社庁教化部神道青年会担当理事磐梨文孝様、福岡県神社庁参事望月司郎様のご臨席を賜り、令和元年度福岡県神道青年会定例総会が開催された。

先ず、西高辻信良庁長様より「普遍である神社を普遍に保ち続けるためには常に変化し続けなければならない」との挨拶を賜り、私たち青年神職が果たすべき役割、進むべき道の一助となる貴重なお言葉を頂いた。

議事では、平成三十年度、令和元年度の新旧執行部がそれぞれ活動報告・計画・決算・予算の説明を行い全ての議案は承認された。

最後には、今期の各委員会委員長が挨拶を行い、それぞれ抱負を述べ会員への協力と参加を呼びかけ、会員一同さらなる協力参加を約束し総会は滞りなく治められた。

平成から令和へと御代替わりとともに、福岡県神道青年会のバトンも途切れることなく無事に手渡された。

宗像大社 権禰宜 鈴木祥裕定例総会写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>