第七十一回 神道青年九州地区協議会総会

去る五月九日熊本県に於いて「第七十一回神道青年九州地区協議会総会」が開催されました。ご多忙の中ご臨席を賜りました来賓の皆様、また九州各県より総勢約八十名のうち福岡県より十八名参加いたしました。

まず外山会長、当番県熊本県神青小林会長の挨拶の中で、新帝陛下が御即位遊ばされ令和の時代が幕を開けたこと、意識が薄れつつある熊本地震後の復興状況などを改めて認識し、考える良い機会になりました。

会議においては、熊本県神青小林会長の進行の元、滞りなく二つの議案が可決されました。一世一度の大嘗祭の重要性や相互扶助や神々への祈り、感謝といった日本古来の伝統精神に基づいた地域社会形成の為の活動について自分に何が出来るのか、奉仕するお社の中でどんな活動ができるのか常日頃から意識して奉仕しようと思いました。

その後の懇親会では各県の方と情報交換や旧職員、大学の同期などと久しぶりの再会に喜び、近況報告をしたりと大変充実した時間を過ごすことが出来ました。

この会を通して学んだことや感じたことを今後の奉仕の糧にして、神社界のため、また奉仕するお社のために日々精進したいと思います。

筥崎宮 権禰宜 前田慶之助

IMG_0522IMG_0523

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>