カテゴリー別アーカイブ: 県の活動

平成三十年度 第三十五回福岡県神道青年会親善野球大会

去る五月三十日、第三十四回福岡県神道青年会親善野球大会が小郡市小郡運動公園野球場において開催された。

開会式を前にぱらついた小雨も上がり、選手宣誓では「ひとつ先の塁へ、そしてさらにもう一点」とのプラスワンの精神でプレーすることが宣言され、快晴のもと熱戦が繰り広げられた。

第一試合、第一部会vs第三部会は2対6で第三部会が、第二試合、第二部会vs太宰府チームは0対⒒で太宰府チームがそれぞれ勝利を収めた。決勝戦、第三部会vs太宰府チームの戦いは0対4で太宰府チームが勝利し、昨年に続き本年も太宰府チームの優勝で幕を閉じた。ちなみに決勝戦を前に行われた三位決定戦では第一部会が勝利を収めている。

終了後は「花立山温泉」にて疲れを癒やし、その後の懇親会では表彰式も行われた。互いの健闘を称え労をねぎらい、各々来年のさらなる活躍を誓い、親睦を深めた夜となった。

DSC_8541 - コピー

DSC_8557 - コピー

DSC_8602 - コピー

DSC_8644 - コピー

 

櫛田神社 権禰宜 岩切一真

平成三十年度 朝倉支部復旧状況の視察について

朝倉支部復旧状況の視察について

九州北部豪雨より約1年が経過しているが、未だに現状が把握できていない神社が多数残っている。今回朝倉支部より依頼を受け、被害報告書制作の為、被害を受けた支部内の神社、それに伴う施設・参道等の現状を5月8・9・11日の3日間、班に分かれて調査した。

実際に足を運ぶと、復興の目処が立っていない場所も多く、目を覆いたくなる程の被害神社も多数所在した。

黒川地区の一部では神社は奇跡的に残ったが、氏子地区全体が流された悲惨な地区も見受けられた。熱心な崇敬者が多く、神事の度に避難所から上がって奉仕しているが、いつまで可能なのか不安を抱えている。高齢者がほとんどで今後戻る見込みも立っていない地区もあるという。氏子が戻らなかった場合、誰が社殿を守るのか、もしくは合祀するのか、合祀後の社殿は解体か、費用はどうするか、などの課題は挙げれば切りがない。年々人口減少の地区で       あるが、ここまで急激の減少は想定外だ。人がいなければ、当然祭典もできない。

朝倉支部長がお務めの文字社は全て流され、更地になっており、隣接の自宅も甚大な被害を受けている。現在杷木地区の一部は住民が住めるような状況ではなく、避難所生活を余儀なくされる方も多い。

また土砂の運搬は完全ではなく、川が浅くなっている為、また昨年のような豪雨となれば更なる被害も予想され、不安は続く。

予測技術が発達した現在でも異常気象はいつ、どこで発生するかわからない。私達も常に危機意識を持ち、災害時、奉務神社周辺の避難場所やその経路など把握し、万一の時に備えておければならない。被災神社、氏子の皆様の1日も早い復興を願いつつ、これからも若い私達神道青年会が出来ることを探していきたい。

IMG_0718 - コピー

IMG_0729 - コピー

IMG_0741 - コピー

IMG_0744 - コピー

福岡縣護国神社 権禰宜 内藤 尚武

平成三十年度 福岡県神道青年会 定例総会

去る五月七日、「平成三十年度福岡県神道青年会定例総会」が会員五十一名のもと福岡県神社庁に於いて開催された。

川江正臣副会長による開会の辞に続き、神殿拝礼、国歌斉唱、敬神生活綱領唱和ののち、西高辻会長より、「平成三十年は明治元年より一五〇年の節目に当たり、約二百六十年も続いた江戸時代の幕藩体制が大きく改められ、天皇陛下を中心とする近代国家の道を歩み始めたと評価されている。今後、我々が生きている間に起こる変化、特に神社を取り巻く環境の変化は、当時の時代よりも大きな変化が予測される状況で、我々神職が将来のために何が出来るのか、そして果たす役割は何かを探求していく姿勢が求められている」また、「昨年度、[会員資質向上][神社の未来創造]を中心テーマに据え、研修会等を実施し、本年度もこの二つのテーマを基に更に意識して頂きたいのが現状維持ではなく一歩前に踏み出す、挑戦してみるという「+1(プラスワン)」の気概を持って取り組んで行きたい」と挨拶された。

次に主賓として御臨席賜った西高辻信良庁長より「昨年度に九州北部豪雨の復旧支援活動をしていただいことにお礼を申し上げたい。今後も引き続き、ご支援・ご協力をお願いしたい。」また、「今後、日本を取り巻く環境変化が予想される状況下、青年神職として奉職している神社の三十年ごを想像し、それに対し、何をすべきかを常に考え行動していかなければならない。」とお言葉を賜った。

また、久富真人福岡県神社庁監事よりお言葉を賜った後、議事へと移った。谷洋平議長により滞りなく進行し、平成二十九年度事業報告、決算報告・監査報告、平成三十年度事業活動計画(案)及び予算(案)を諮った結果、満場可決と相成った。その後、各委員長挨拶、新入会員の紹介(新入会員二十名、内総会出席者八名)、真木啓樹監事講評、神道青年の歌・うるわしき山河合唱、神殿拝礼、空閑副会長による閉会の辞をもって恙無く閉会となった。

 

DSC_8244

DSC_8260

DSC_8318

平成29年度 憲法勉強会「わかりやすい憲法の話しーご譲位と私達―」

去る平成三十年三月二十二日水天宮にて、美しい日本の憲法を作る熊本女性の会の高原朗子氏を講師に迎え、勉強会が開催された。

高原先生は全国で同じように勉強会をしており、今回で一九〇回ということで、先生が日本愛し、日本の未来を深く考えていることがわかった。

内容としては、主に憲法第九条や天皇陛下のご譲位の件が取り上げられた。近年ではメディアでも話題になることが多く、この問題に対して更に理解を深めることが出来た。

勉強会では日本の誇りや伝統といった言葉がよく使われ、国家の在り方について日本人全体で再確認する必要があると感じた。その為には高原氏のように、わかりやすく、そして多くの人に伝える事が大切である。神職として日本人としてこの問題に向き合い、適切な行動を心掛けたい。

 

4120

 

4118

 

4117

水天宮 出仕 三ヶ本俊充

第二回教養研修会

去る平成二十九年十一月三十日第二回教養研修会が福岡県神社庁にて開催されました。

講師に中川政七先生と西澤明洋先生をお迎えし、ご公演を賜わりました。第一講では中川政七先生より神社の経営について学びました。神社の収益をどのようにして上げていくのか予算決算を行い経営戦略を立て、どこを伸ばしていくのか、どこが赤字なのかを把握することが非常に重要だということを教えていただきました。職員の数が不足していることもあり予算決算をすることが難しい神社も多くあると思いますが、少しずつでも経営を見直していくことが今後に繋がっていくのだと確信しました。第二講では西澤明洋先生によりブランディングについて学びました。ブランドというポジティブなイメージを築くことにより高い収益を得ることができるのだと知りました。神社でも一貫性のあるブランディングデザインをすることで、授与品にも付加価値を付けることができ、それぞれの神社の特色を生かしていくことが必要なのだと学ぶことができました。神職として奉職している神社を今一度見つめ直し、どのような特色を出していけるのか考えていく必要があるのだと痛感させられる講義でした。

DSC_7429 - コピー

DSC_7421 - コピー

DSC_7427 - コピー

大原八幡神社 禰宜 平石 和青